プロパンガス料金削減・LPガス料金適正化無料診断・優良LPガス業者・優良LPガス会社を無料紹介。ガスのご相談ならお気軽にお問合せ下さい。ガス代見直しドットコム。

 

 
 
 
 

も休まず、毎日ガスのご相談受付中
プロパンガス価格弊社が皆様にご紹介する優良ガス会社プロパンガス供給料金

  北海道 東北 関東 中部 甲信越 北陸 近畿
立米単価 480~530円 380~430円 280~330円 320~370円 350~400円 430~480円 380~430円
基本料金 1,600円~ 1,700円~ 1,500円~ 1,600円~ 1,500円~ 1,900円~ 1,600円~
備考 上記料金は消費税別途の料金です。立米単価とはご使用量1m3あたりのガス料金です。
ガス会社の変更に際し、工事費用や預り金などは頂戴しません。(費用は一切不要です)
契約年数の縛り(条件)はありません。ご安心下さい。(いつでも違約金なしで解約可能です)
ガス料金は原則固定ですが、「為替相場の変動」や「原料価格の高騰」によっては、(ご通知の上)値上げさせて頂く可能性がございます。(その場合も適正料金にて供給させて頂きます)

 

原料費調整制度・燃料費調整制度とは

プロパンガスの価格に原料価格や為替レートの変動を反映させる、料金決定システムのご紹介

都市ガス事業者や電力会社が採用している透明性の高い料金調整制度

プロパンガスの原料は主にサウジアラビア、アラブ首長国連邦、カタール等から輸入されます。原料価格や為替レートの変動により、輸入原料価格は変動します。輸入原料価格に影響する指標として下記等があげられます。

 CP(コントラクトプライス):サウジアラビア等の産ガス国が毎月決定する原料輸出価格(国際価格)
為替レート:外貨との交換比率(交換レート)のこと。為替レートが円高になると、原料輸入価格も下落します

プロパンガスの原料価格は主に上記2つの要因により毎月変動します。燃料費調整制度や原料費調整制度と言われる料金調整制度は、原料価格の変動を、実際のプロパンガス価格にも反映させて、料金の透明性を高めるためのシステムと言えます。都市ガス事業者や電力会社では以前より、この様な料金調整制度が有りましたが、一部のプロパンガス会社でも料金の透明性を高めようと、この様な料金調整制度が採用されるようになって来ました。原料輸入価格が上がると、プロパンガス価格も上がりますが、原料輸入価格が下がるとプロパンガス価格も下がります。消費者から見ると分りやすい&納得できる料金制度と言えるでしょう。(調整制度の無い一部の悪徳なプロパンガス会社では、値上げの通告はあっても値下げの通告は一切無いという事もあります)

東京電力様の燃料費調整制度の説明ページ
東京ガス様の原料費調整制度の説明ページ

プロパンガス料金が毎月変動するのは不安・・・そんなご心配は無用です!

原料費調整制度を採用しているプロパンガス会社のガス料金は毎月変動(値上げおよび値下げ)します。原料価格や為替相場の変動をプロパンガス価格に迅速に反映させるためです。ガス料金が毎月変動することに対して、ご不安を抱かれるお客様も居られるかもしれませんが、ご心配には及びません。原料価格や為替相場の変動(円高)により、原料輸入価格が下落傾向になれば、それがプロパンガス価格に迅速に反映されますので、消費者もガス料金削減のメリットを迅速に感じることができます。ガス料金の透明性を高めるものであり、消費者目線の制度であると、皆様にもご納得いただけることと思います。

弊社のご紹介する一部の優良ガス会社も原料費調整制度を採用して居ります

弊社がご紹介する優良ガス会社は、業者変更した最初だけ安い見せ掛けのキャンペーン価格でのご提案はしておりません。ガス会社にも適正な利益が生じ、お客様に対して継続的に責任を持って供給できる適正価格でのガス供給のご提案を行っております。弊社ご紹介の一部のガス業者は、ベース価格(立米単価)を300円(税別)とし、原料費調整制度を採用して、お客様に対し透明性の高いガス料金によるプロパンガスの供給を行っております。弊社のご紹介により業者変更を行ったお客様にも大変お喜びを頂いておりますので、ご安心下さい。

 

 


メールお問合せはこちらから

  平日はもちろん、土曜日日曜日祝祭日も夜20時頃まで、お電話お待ちしてます

ページ先頭へ

プロパンガス料金削減相談&優良ガス会社紹介(トップページへ)