プロパンガス料金削減・LPガス料金適正化無料診断・優良LPガス業者・優良LPガス会社を無料紹介。ガスのご相談ならお気軽にお問合せ下さい。ガス代見直しドットコム。

 

 
 
 
 

も休まず、毎日ガスのご相談受付中
プロパンガス価格弊社が皆様にご紹介する優良ガス会社プロパンガス供給料金

  北海道 東北 関東 中部 甲信越 北陸 近畿
立米単価 480~530円 380~430円 280~330円 320~370円 350~400円 430~480円 380~430円
基本料金 1,600円~ 1,700円~ 1,500円~ 1,600円~ 1,500円~ 1,900円~ 1,600円~
備考 上記料金は消費税別途の料金です。立米単価とはご使用量1m3あたりのガス料金です。
ガス会社の変更に際し、工事費用や預り金などは頂戴しません。(費用は一切不要です)
契約年数の縛り(条件)はありません。ご安心下さい。(いつでも違約金なしで解約可能です)
ガス料金は原則固定ですが、「為替相場の変動」や「原料価格の高騰」によっては、(ご通知の上)値上げさせて頂く可能性がございます。(その場合も適正料金にて供給させて頂きます)

 

賃貸物件の「利回り」とは何なのか?

不動産物件と利回りの関係

賃貸物件に関してよく使われるのが「利回りが高い」「利回りが低い」という言葉です。ここでいう利回りとは支出に対する利益の割合のことで、表面利回り・実質利回り・想定利回りの3種類があります。表面利回りとは維持管理費などを含めない購入費用のみから計算した利益の割合、実質利回りとは家賃収入から固定資産税や管理・修繕費などを惹いた利益の割合、想定利回りとは満室になったと仮定した利益の割合です。

不動産の賃貸物件の利回りは次の計算式から求められます。

表面利回り

年間収入÷物件購入価格=表面利回り
計算例:
収入 7万円の部屋が6室…504万円(年)
購入 3000万円のアパート
504万円÷3000万円=16.8%

実質利回り

(年間収入-年間支出)÷物件購入価格=実質利回り
計算例:
収入 7万円の部屋が6室…504万円(年)
購入 3000万円のアパート
支出 100万円
(504万円-100万円)÷3000万円=13.4%

想定利回り

予想される年間収入÷物件購入価格=想定利回り

利回りと利益は違うもの?

不動産の賃貸物件のリストには、よく利回りが記載されています。どの程度の利回りが平均的な数字かは物件にもよりますが、東京23区内であれば8%程度、地方であれば12~15%程度というのが標準的です。都内では10%以上の利回りがあればかなり高いといえますが、北海道では20%以上の物件が多数あるというように地域性が影響してくることが多いのです。
 
利回りの数字が高ければ利益が大きく低ければ利益は小さいわけですが、どんなに利回りが良くても空室が多ければ意味がありません。利回りが低くても入居率が高ければ利益が出るのに対し、高い利回りでも空室ばかりでは利益は少なくなってしまいます。利回りは一つの目安と考え、入居率をアップできる魅力的な賃貸物件を目指すべきでしょう。

 


メールお問合せはこちらから

  平日はもちろん、土曜日日曜日祝祭日も夜20時頃まで、お電話お待ちしてます

ページ先頭へ

プロパンガス料金削減相談&優良ガス会社紹介(トップページへ)